体を動かすクセをつけよう/低血圧改善セラピー

 
低血圧を改善するための生活習慣、レシピなどを紹介します。
 

低血圧について

はじめに

低血圧とは?

低血圧の症状

低血圧の種類

低血圧の原因

気温・環境

食事・運動

ストレス

遺伝

生活療法について

QOLを高める

生活習慣チェック

生活療法とは?

生活療法の実践

10分早く布団に入る

・朝早く起きられるようになるまで(実体験)

体を動かすクセをつけよう

朝1つだけ口に入れる

ストレスを解消する

Q&A

低血圧向けの食卓

朝食の工夫

ごはんの工夫

市販品を利用する

低血圧向けの食材

低血圧向けのサプリメント

低血圧向けレシピ

低血圧向けレシピを作ってみました(ブログ)
低血圧に良い食材を使ってレシピを作ってみました

ストレス解消

バスタイムを楽しむ

音楽を楽しむ

クラシックをオルゴールで聴く

心を満たすクラシックを聴く

最新・健康 モーツァルト音楽療法

ピアノでクラシックを聴く

バイオリンでクラシックを聴く

ティータイムを楽しむ

香りを楽しむ

リンク集

癒しの時間

元OL派遣社員のおねえさん

体を動かすクセをつけよう

〜激しい運動は逆効果 まず日ごろから体を動かすクセをつけましょう〜

運動ではなく体を動かす

運動といっても、いきなりジムに通ったりジョギングをする必要はありません。
通勤・通学中、お仕事の合間、家にいるときのちょっとした時間を利用します。

「運動をする」というより「体を動かすクセをつける」から始めてみましょう。

通勤途中
・駅まで歩く
・駅は階段を利用する
・ひと駅前で降りて歩く
・電車やバスの中では立つ

お仕事中
・率先してお使いに行く
・階段を利用する
・昼休みは会社周辺を散歩する
・ランチは少し遠くの店まで行く

家では
・毎日部分そうじをする
・近所の買い物は歩く
・テレビを見ながら軽いストレッチをする
・家事の合間の時間を利用してストレッチをする

★決まった時間に軽いストレッチ

運動は苦手です。
ちょっとしたことでもすぐにバテてしまうんです。
それに、運動するのにわざわざ外に出て行くのが面倒くさい。
だからウォーキングやジョギングはしません。
絶対続かない自信があります。
そのかわり、休日は散歩することを心がけています。

家の中では、テレビを見ながら軽いストレッチをします。
10時や3時のティータイムみたいに、時間を決めると習慣がつけやすいみたいです。
おねえさんは、午後9時。ドラマや映画を見ながら、約15分くらいの軽いストレッチをします。
いわゆるナガラ体操です(笑)

しかもストレッチは体の引き締め効果やダイエット効果もありますので、はずせません。
軽いものなので疲れることはなく、どちらかというと、体をほぐしたという感じ。
こういうふうにすると、毎日無理なく続けられます。

  <<朝早く起きられるようになるまで(実体験)
   |生活療法の実践 朝1つだけ口に入れる>>