ごはんの工夫/低血圧改善セラピー

 
低血圧を改善するための生活習慣、レシピなどを紹介します。
 

低血圧について

はじめに

低血圧とは?

低血圧の症状

低血圧の種類

低血圧の原因

気温・環境

食事・運動

ストレス

遺伝

生活療法について

QOLを高める

生活習慣チェック

生活療法とは?

生活療法の実践

10分早く布団に入る

・朝早く起きられるようになるまで(実体験)

体を動かすクセをつけよう

朝1つだけ口に入れる

ストレスを解消する

Q&A

低血圧向けの食卓

朝食の工夫

ごはんの工夫

市販品を利用する

低血圧向けの食材

低血圧向けのサプリメント

低血圧向けレシピ

低血圧向けレシピを作ってみました(ブログ)
低血圧に良い食材を使ってレシピを作ってみました

ストレス解消

バスタイムを楽しむ

音楽を楽しむ

クラシックをオルゴールで聴く

心を満たすクラシックを聴く

最新・健康 モーツァルト音楽療法

ピアノでクラシックを聴く

バイオリンでクラシックを聴く

ティータイムを楽しむ

香りを楽しむ

リンク集

癒しの時間

元OL派遣社員のおねえさん

ごはんの工夫

〜毎日食べるごはんにひと工夫すれば、もっと簡単に食事改善できます〜

玄米や発芽米を混ぜる

日本人はごはんが主食です。でもほとんどが白米です。

メインやサブのおかずを考えていくことも大事ですが、いつものごはんを玄米や発芽米にするだけで栄養価がちがってきます。

玄米や発芽米には白米よりも、ビタミンB1,B2,E,植物繊維、ナイアシンなど多くの栄養素が含まれています。そしてギャバが豊富に含まれています。ギャバはアミノ酸の一種で中性脂肪の抑制、賢蔵・肝臓の機能を高める効果があります。また自律神経を調整させ、イライラを軽減し、脳の働きを促進させます。

白米すべてを玄米や発芽米に変える必要はありません。
ちょっとだけ混ぜる程度でいいんです。

ファンケルの発芽米

ここでおすすめしたいのが、発芽米。

その栄養価は白米に比べて、こんなに違います。

・ミネラル(カリウム・マグネシウム・カルシウム):約2〜3倍
・食物繊維:約4倍
・ギャバ:約10倍
・抗酸化物質(ビタミンE・総フェルラ酸)約4倍
・γ-オリザノール:約7倍

特に「ギャバ」は玄米の3倍、白米の約10倍も含まれていて、アンバランスな食生活をサポートし、疲労を回復させて精神を安定させる作用があります。

炊き方も簡単。いつものように白米を洗った後、この発芽米を混ぜて炊飯器で炊いたらいいんです。

発芽米を食べた感想

発芽米はパサパサするイメージがありますが、そんなことはありません。発芽米の量は半分なので、見た目も黄色くなくほとんど白いので、見栄えも悪くありません。

それに発芽米はもちもちしていてお腹のもちがいいんです。
いつものようにお茶碗に軽く一杯でも満腹感があって「よく食べたぁ」という感じ。これなら間食しなくてもすみます。お米は毎日食べるものだから発芽米を加えるだけで、特に何も考えなくても栄養価を改善することができます。
おまけにギャバは健康にもストレスにもいいし、ダイエットにも期待できそう・・・

ファンケルの発芽米
プレミアム雑穀シェフズ米お試しパック

  <<低血圧向けの食卓 朝食の工夫
   |低血圧向けの食卓 市販品を利用する>>