低血圧の種類/低血圧改善セラピー

 
低血圧を改善するための生活習慣、レシピなどを紹介します。
 

低血圧について

はじめに

低血圧とは?

低血圧の症状

低血圧の種類

低血圧の原因

気温・環境

食事・運動

ストレス

遺伝

生活療法について

QOLを高める

生活習慣チェック

生活療法とは?

生活療法の実践

10分早く布団に入る

・朝早く起きられるようになるまで(実体験)

体を動かすクセをつけよう

朝1つだけ口に入れる

ストレスを解消する

Q&A

低血圧向けの食卓

朝食の工夫

ごはんの工夫

市販品を利用する

低血圧向けの食材

低血圧向けのサプリメント

低血圧向けレシピ

低血圧向けレシピを作ってみました(ブログ)
低血圧に良い食材を使ってレシピを作ってみました

ストレス解消

バスタイムを楽しむ

音楽を楽しむ

クラシックをオルゴールで聴く

心を満たすクラシックを聴く

最新・健康 モーツァルト音楽療法

ピアノでクラシックを聴く

バイオリンでクラシックを聴く

ティータイムを楽しむ

香りを楽しむ

リンク集

癒しの時間

元OL派遣社員のおねえさん

低血圧の種類

〜低血圧には3種類あります 自分の低血圧の種類を知って改善しましょう〜

低血圧の種類

低血圧には3種類あります。
1.本態性低血圧
2.二次性低血圧
3.起立性低血圧

それぞれの低血圧の特徴と症状や原因などは、次のようになります。
自分はどのタイプの低血圧なのかを知って、改善していくことが大切です。

本態性低血圧

低血圧の症状があるけれど、環境やストレス、食事などいろいろな要因が混じっているので、原因をはっきりと特定できません。これを「本態性低血圧」といいます。
「低血圧で朝つらいのよね」といった、一般的なイメージの低血圧がこれにあたります。

本態性低血圧の主な症状

・めまいなどが起こりやすい
・痩せ型体型
・体力がなく疲れやすい
・胃腸が弱く、食が細い
・朝、なかなか起きられない
・夜は遅くまで起きている
・手足などが冷えやすい

改善のヒント
生活療法と症状がひどいときは薬物療法(医師の指示に従ってください)によって改善されます。

生活療法については「生活療法とは?」をご覧ください。

二次性低血圧

病気やけがなどが原因で血圧が下がる場合があります。
このようにはっきりと原因がわかるものを「二次性低血圧」といいます。

また二次性低血圧は病気やけがで一時的に血圧が下がるものと、持病や治療のために長期間かかる慢性的なものとがあります。

二次性低血圧の主な原因

急性のもの:
・全身の1/3以上のやけど
・けがによる出血
・心筋梗塞
・脱水
・下痢 など

慢性のもの:
・気管支ぜんそく
・貧血
・肝硬変 など

改善のヒント:
原因となっている病気の治療を行なうことによって改善されます。

起立性低血圧

横になっている状態から立ち上がったときに、最大血圧が20mmHg異常下がるものを「起立性低血圧」といいます。
朝起き上がったときやイスから急に立ち上がったときに、めまいがしたりクラクラしたりする症状があります。

その他に、排尿中に気を失う「排尿失神」などがあります。
起立性低血圧は、中年男性に起こりやすいという特徴もあります。

起立性低血圧の主な症状

・排尿失神
・夜中にトイレによく行く
・気を失いやすい
・下痢をしやすい
・暑さに弱い など

改善のヒント:
生活療法と薬物療法(医師の指示に従ってください)によって改善されます。

  <<低血圧の症状
   |低血圧の原因 気温・環境>>